フォト

スポーツクラブオッソ南砂店

  • Contact Us
    「ダイビングのライセンスを取りたい」、「ツアーのリクエストしたいんだけど…」、「○月○日のツアーに参加します!」 などなど、こちらのフォームからお問合せ下さい。
  • オッソダイビングスクールのホームページ
    オッソダイビングスクールのご案内やライセンス取得や NAUIダイバーコース各種の概要について説明がありますので、 詳しくお知りになりたい方は、是非ご覧になって下さい。
  • オッソログ
    スポーツクラブオッソからのお知らせブログページです。 キャンペーン情報や各種お知らせなどリアルタイムでご案内いたします!!
  • スポーツクラブオッソ南砂店
    スポーツクラブオッソ南砂店の公式ホームページです。 各種ご案内が閲覧できます。
無料ブログはココログ

旅休.com

  • 格安の国内ツアーをさがすならここ![旅休ドットコム]は国内格安航空券・国内格安ツアーの国内旅行総合ポータルサイトです。

« クリスマスイブ | トップページ | 軽井沢スキーツアー »

2008年12月25日 (木)

メリークリスマス

今日の天気になって下さい

Photo_2

クリスマスって何の日?

クリスマスは英語の「Christmas」ですが、これは「キリスト(Christ)の

ミサ(mass)」という意味です。

 他の言語で言えば、フランス語の「Noel」とイタリア語の「Natale」は、

共に「誕生日」を意味するラテン語から来ています。

 ドイツ語では「Weihnacht」と呼ばれ、

これは「聖夜(キリストが生まれた夜)」という意味です。

 これでわかりますね。

つまり、クリスマスとはイエス・キリストが約2000年前に

この世に生まれたことをお祝いする日なのです。

 ちなみに、12月24日はクリスマス・イブですが、イブ(Eve)とは

「前夜」という意味です。

今夜(クリスマスの夜)は良い夢を見て寝てください。

サンタさんが来てくれるかも?(郵便屋さん)

ダイバー通信が届きます

もうすぐ・・・・もういくつ寝るとお正月です。

Photo_3 クリスマスの星の議論

新約聖書では、東方の三博士が“ベツレヘムの星”と呼ばれる

天空の合図に導かれて、飼い葉桶に寝かされた生まれたばかりの

イエス・キリストの元を訪れる。

この星は本当に存在したのだろうか。

実在したとすれば、どのような星だったのか。

天文学者たちは何世紀にもわたり、この問題について議論を続けている。

彗星、流星群、超新星などさまざまな説が提示されてきたが、ここ数年は

主に2つの説が議論の中心となっている。

 第1の説は、明るい惑星である金星と木星の1回の惑星集合

(“合”と呼ばれる)に関するものだ。

紀元前2年6月17日には特別に目立つ合が発生している。

2つの明るい惑星は当日の夜、非常に接近していて合体しているように

見えたと考えられることから、一部の天文学者はこの合がベツレヘムの

星ではないかと主張している。

 
アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるグリフィス天文台所長の

エド・クルップ氏は、「その当時に星空を見ていた人々は、夕方の西の

空に1つの巨大な星のような物体があると思ったに違いない」と話す

(金星と木星の合は今年の12月にも発生した)。

 だが、この日が本当にキリストの誕生日に当たるのかという重大な疑問が

残されている。

イリノイ州シカゴにあるアドラープラネタリウムの天文学史部門責任者

マーヴィン・ボルト氏は、「キリストが生まれた正確な日付については

さまざまな説があり、信頼できる記録は見つかっていない」と言う。

 天文学の歴史的、神学的な側面を研究する学者たちは、ベツレヘムの

星はもっと複雑な現象だったと考えている。

「いまの天文学者たちは、現代の設備やテクノロジーで観測できるような

華やかな現象を探そうとしている。

彼らはベツレヘムの星の物語自体が持つ文化的影響や重要性を

見逃しているのだ」とボルト氏は言う。

 ボルト氏は、月や木星や特定の星のグループが天空で複雑な配置を

展開し、その結果、一連の配置から総体的に伝説が発生したという

第2の説を支持している。

月や木星などは、占星術師でもあった当時の天文学者たちにとって

重要な意味を持つ天体だった。

 この一連の天体現象は紀元前6年の4月に始まった。

木星は最初におひつじ座に位置していたが、その後の数カ月の間に、

月と接近して2回の合が発生し、土星とも並んだ。当時、おひつじ座は

ユダヤ人の象徴と見なされており、木星の連続した動きは王権の

授与を示唆していたという。

 第1の説は厳密に天文学的な発想であるのに対し、第2の説はより

繊細な視点から古代の天体観測者たちの心を見つめようとしている。

「現代人が注目するような天体現象を探すのではなく、2000年前の

人々の生活にとって何が重要だったのかを探らなければならない」と

ボルト氏は指摘する。

 グリフィス天文台のクルップ氏は、「第2の説もなかなかもっともらしいが、

天文学界で支持されるにはしばらく時間がかかるだろう」と言う。

 しかし、一部のプラネタリウムでは、「東方の三博士とベツレヘムの星」

という伝統的なショーを変更し、キリスト降誕の物語の歴史的な解釈に

第2の説を取り入れ始めている。

「多くのプラネタリウムが従来のショーを取りやめて、新しい理論に基づいた

ストーリーを提案している」とボルト氏は話す。

 クルップ氏は、新たなデータが発見されない限り、

大きな進展はないだろうと考える。

「現時点で2000年前に実際に起きたことを解明するには、キリストの

誕生について言及している確かな証拠が必要だ。

キリストが特定の日時に生まれたことを明確に示すものがないとね」。

« クリスマスイブ | トップページ | 軽井沢スキーツアー »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスイブ | トップページ | 軽井沢スキーツアー »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

衛星画像でお天気チェック

  • ウェザーニュース

ランキング参加中です